【中3生】今年は厳しい受験になります【2020年度入試組】

目次

中3生三者面談終了

こんにちは。杉山です。
昨日、中3生の三者面談が全員終わりました。
受験校の最終確認をしましたが、まだ悩んでいる生徒も一人います。毎日授業後に受験校についての相談を受けます。その度に自分の進路に対して真剣に向き合っているのを感じ嬉しいです。
今年の中3生は、全員進路についてたくさん悩みました。悩んだことで精神的にも成長したと思います。これが高校受験の良いところです。

今年は厳しい受験になります

TSKでは、中3生が秋の学校説明会に参加する際に(志望校を具体的に決める時期に)、安全校、相応校、挑戦校の各レベルの高校を見学しに行くように、本人たちと保護者の方に伝えています。
理由は2つあり、①成績が上がる保証がない、②成績が急激に上がる可能性もある、ためです。

今年の中3生は「TSK史上最も学力が低い学年」と言い続けてきましたが、本人たちの努力と保護者の方のサポートがあり、予想以上に成績が上がった生徒が多かったです。
その結果、挑戦校として考えていた高校の合格可能性が上がり、そこを第一志望校にした生徒が大半です。

今回の面談でも、合格可能性を改めて伝え、受験校を変更するか否か、本人たちと保護者の方に決めてもらいました。
過去問の結果を見る限り、合格可能性90%の生徒は数名のみで、可能性50%の生徒ばかりです。
それでも、本人たちは「第一志望の高校を受けたい」と言い、保護者の方も「頑張ってきたのだから、自分が受けたい学校を受けた方がいいよ」と声をかけてくださいました。

これまでで一番厳しい受験になりますが、本人たちがベストを尽くせるように、お母さま・お父さまには引き続き体調面と精神面のケアをお願いいたします。
我々も最後まで全力で指導させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

“TSKブログ”はこちらから

関連記事

  1. 【受験体験談2023】東京立正高校進学のYくん
  2. 【2020年度冬】生徒アンケート結果その②
  3. 【中2生】2学期中間テスト結果 その2
  4. 冬期講習と中学生期末テスト結果2019
  5. 【中2生】2月末までの課題と現状【2020年度受験組】
  6. 【保護者体験談2023】法政大学法学部進学 Mくんのお母さま
  7. 【中3生】夏期講習の感想【2022年入試組】
  8. 【TSKの日常】中3生の様子

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP