【中3生】受験生へ、最後のメッセージ。【2021年度入試組】

受験生へ、最後のメッセージ。

明日入試をむかえる受験生へ。先生たちから最後のメッセージを残しておきます。

杉山からのメッセージ

今年度は例年と異なることばかりの一年でしたが、その中でも変わらないことがありました。TSKの高校受験生たちの取り組みです。
ちょうど一年前、コロナの影響で学校が突然休校になりました。そんな状況の中で始まったみんなの受験生活。TSKでも4月5月は対面授業を2ヶ月間行うことができず、オンラインで授業を行いました。その頃は現高1生の受験体験談を聞いて、モチベーションが上がり始めていた時期でしたが、なかなかその気持ちを行動に移すことができていない時期でもありました。オンライン授業中に、授業や課題への取り組みについて何度も注意を受けましたね。
しかし、この休校期間があったからこそ日頃の勉強や受験に向き合えたと思います。毎日のように部活や習い事に追われていてみんなが、自分の勉強への姿勢について考え直してみたり、どのような高校生活を過ごしたいのか家族と話し合ったりする時間を作ってくれました。その結果、休校期間が明けて学校でも塾でも取り組みに変化が見られ始めました。授業中の発言や質問、提出物へのこだわり、妥協せずにテスト勉強をやり切ることなど、様々な点で変化がありました。TSKの高校受験生たちに共通する「一瞬一瞬全力で取り組む」姿勢を、現中3生にも感じました。みんなのその姿はカッコよかったです!

いよいよ明日入試本番を迎えますが、今日お風呂で次のことを思い出してください。
お母さん・お父さんのサポートがあったからこそ、ここまで努力できたこと。定期テスト、模試、過去問などで思うように結果を出なかった時も支えてくれたのは、お母さんとお父さんだったはずです。みんなの努力に加えて家族のサポートがあったからこそ、自分が通いたい高校を明日受験できます。そのことを思い出し、明日はこれまで蓄積してきたものを信じて試験に臨んでください。みんなのお母さん、お父さん、TSKの先生たちは、みんなの力を信じています!
それでも、はじめての受験で緊張する人がいるでしょう、特にこの学年は心配性な人が多いので。大丈夫!これまで本番を想定してたくさん準備をしてきました。試験前・試験間の休憩時間に、先生たちからもらったアドバイスを必ず思い出して次のテストに臨めば、普段通りの力は勝手に出ます!中3生ガンバ!

武井からのメッセージ

初めての確認テストで0〜40点しか取れなかった皆さん。オンライン授業明けに私に散々怒られた皆さん。偏差値40を目指そうとまで言われてしまった皆さん。それでも挫けることなく、様々な困難をクリアしてきた皆さん。もう私からアドバイスをすることはありません。その必要もないでしょう。
ここ数ヶ月のみんなは本当にカッコいい表情をしています。不安や希望が綯い交ぜになりながらも集中して黙々と取り組む姿からは覇気のようなものまで感じます。あとは自分のやってきたことを信じて「解ける問題を解いてくる」だけです。

真剣であればあるほど、緊張はします。頑張ってきた人ほど、本番では緊張します。
しかしそれは、あなたの眼前に大きな障壁となって立ちはだかるようなものではありません。今までの努力で得た経験値が、いよいよ混じり気のない大きな感慨となって姿を顕にしてきたということです。それは敵ではなく、純然たるあなたの味方です。「緊張するということは本気で頑張ってきたからそこなんだ」とポジティブに許容しましょう。(←あれ、これアドバイスじゃね?)
始めは動揺するかもしれませんが、大丈夫です。武者震いをするような真剣勝負に挑むその刹那、緊張は研ぎ澄まされた集中へとオートマチックに変転し、あなたに助力します。抗おうと無理に力まず、身を委ねちゃいましょう。(←これもアドバイスじゃね??)実力は全く失われることなく、十分に発揮されます。

明日みんなは、悩んで悩んで悩んで悩んで悩んだ末に自ら決めた志望校を受験します。ナヨナヨと弱気な態度で受けてきたらぶっ飛ばします。
正々堂々とカッコよく一発キメてきてください。頑張ってきたみんなのことが大好きです。応援しています。

2020年度というイレギュラーで一生忘れることがないであろう稀有な年に、みんなと過ごせてとても幸せでした。ありがとう。また明日会いましょう。

細野からのメッセージ

これは受験生活で散々聞いた言葉かもしれませんが、「いつも通りの力を出すこと」が大切です。
マンガのように、本番で特別な力に目覚めることはまずありません。現実は地味に、地道に、日頃の努力を発揮すれば結果は付いてくるものです。これまで目標を達成するためにコツコツと、様々な取り組みを果たしてきた皆さんには大きな経験値があります。それは「自信」と呼ばれ、自らの精神を揺らがせることなく支えます。どうか、この自信が皆さんにあるということの、自信を持ってください。皆さんはそれだけの準備をしてきたはずです。
人生で一度の高校受験です。そう言われると、どこか緊張が走るかもしれませんが、そうではなく、一度の高校受験なのだから楽しまなければ損だと思ってください。やってやる!今まで積み重ねたものをぶつけてやる!と強気に、軽快に本番に臨みましょう。がんばってください。これが最終決戦です!

濵田からのメッセージ

今年の中3生は、積極的に声をかけてくれるなと感じることが多いです。勉強に関する質問はもちろん、高校生活のことや私についての質問まで。笑
私が塾で教えるのは基本土日のみでしたが、その積極的な姿勢のおかげで、短い時間でもたくさんコミュニケーションを取ることができました。これが、皆の理解できていないところや苦手なところを見つけ、克服することに繋がっていったと思います。この積極性は本当に皆の良いところ!ここまで頑張り、学力も伸びたと思います。悔いのないよう、試験前に先生方に教わったことを思い出して、塾で過去問を解く時と同じように試験に挑んでください。
とは言っても、本番は緊張すると思います。しかし、みーんな頭良さそうに見えたり、平気な顔してるように見えたりして、実際は緊張してるから!大丈夫!焦らずいきましょ!では!みんな、応援してるよ!!

関連記事

  1. 【塾選び】「塾選びの入口」。~小さな塾でも大丈夫?~【小学生・中…
  2. 【2018年度入試組】中3生の記録
  3. 【TSKの日常】Wもぎ教室受験
  4. 【TSKの日常】子どもの成長が感じられた瞬間3
  5. 【2020年度冬】生徒アンケート結果その①
  6. 【高1生】今一度高校受験を振り返る
  7. 【2019年度冬】生徒アンケート結果その②
  8. 【中3生】今年は厳しい受験になります【2020年度入試組】

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP