【中3生】過去問演習スタート

中3生  過去問演習

こんにちは。杉山です。

過去問演習を2年分行いました。年度ごとに判定を出していますが、2回ともA判定(合格可能性80%)以上だった生徒は1名のみで、大半の生徒はC判定(合格可能性40%)です。合格には程遠い結果です。
各人の課題について。授業ではもちろん三者面談でも伝えましたが、課題の把握だけでは意味がありません。克服できるように行動してください。中途半端な取り組みしかしなければ、中途半端な結果しか出ません。今のままでは志望校には合格できません。覚悟を決めて取り組んでください。

 

学期末の三者面談

先週の金曜日から学期末の三者面談を実施しています。面談内容を学年別に載せておきます。

中1生

日頃の勉強の課題についての話。主には、苦手なものから逃げずに向き合うためには。

中2生

受験勉強が始まり、小テスト3回・まとめテスト1回実施。その結果と提出物の評価、取り組む姿勢や態度についての話。

中3生

過去問演習の結果をもとに、残り2ヶ月間の勉強内容の共有。また、受験本番に向けた心構えについて。

高1生

2学期までの成績をもとに指定校推薦の可能性についての話。また、大学受験にむけて今後2年間の流れについて。

高2生

各人の進路に合わせた話。学習スケジュールの共有、大学受験にむけた心構えなどについて。

高3生

入試スケジュール、受験本番に向けた心構えなどについて。

関連記事

  1. 【2019年度冬】生徒アンケート結果その③
  2. 【中2生】定期テストにむけて確認テストを実施しました
  3. 今月のTSK(2021年5月)& 来月の教室開校予定
  4. ご挨拶と近況
  5. 【TSKの日常】お休み最終日
  6. 【中3生】現状と今後の学習予定【6月】
  7. 【中3生】自粛期間中の学習の振り返りとオンライン授業の感想
  8. 細野先生4年間お疲れさまでした!

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP