【TSKの日常】今週のTSK

今週のTSK

こんにちは。教室長の杉山です。
北区の公立中学校に通学する生徒の定期テストが今日から始まりました。明後日からは豊島区の一部の中学校でもテストが始まります(今年はなぜかテストが金曜・月曜・火曜の学校が多く、中学校ではめずらしい土日を挟んだテストとなります)。

今回のテストは、中3生にとっては「内申点が決まるテスト」中2春までに入塾した中2生にとっては「評定5の目安である90点を目指すテスト」「5科計で420点を目指すテスト」です。

中3生とは10月の集会後に、本人たちと今回のテストで重点を置く科目とそうでない科目について話をしました。
評定が5と4しかない生徒は9科すべて全力で勉強しなくてはならないという当然の結論になりました。一方、3がある生徒たち(9科満遍なく勉強するのが難しい生徒たち)は、これまでの定期テストや実技テスト等をふまえて、評定が上がる可能性が高い科目を考えさせました。

中2生は前回の中間テスト後から「そろそろ(今回の期末テストが入塾後3回目~4回目のテスト)、90点を取らないと中3生で90点・評定5を取るのは厳しいよ」と言ってきました。
中2の評定は受験には直接関係ありませんが、中2のテストで90点を取れない生徒が中3のテストで90点を取れることはほぼありません。中2生にとっても重要な位置づけのテストになります。意義のあるテストにしてほしいです。

テスト期間中「塾に早く行っていいですか」と電話をくれる生徒がいます。16時より前の時間から勉強しに来たい生徒は、前日までに杉山に相談してください。お願いします。

関連記事

  1. 中3生進学先【平成29年度都立高校入試合格発表】
  2. 【TSKの日常】中学生たちの近況
  3. 【TSKの日常】三者面談の様子
  4. 【中2生】個別に生徒面談を行いました【2021年度入試組】
  5. 【中3生】入試前最後の三者面談
  6. 【高校生】高校生活の感想【2022年度1学期】
  7. 【中学生】2学期期末テスト結果その2
  8. 【中2生】授業内容と今後の予定【6月】

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP