【中3生】夏期講習の様子 その2

こんにちは、杉山です。

先日、教室に来て30分ほどで帰宅させられた生徒が3名いました。
理由は宿題がこなせていなかったからです。
理科と社会の用語の暗記を中心に宿題を出題していましたが、全然覚えられていませんでした。

その数日前にも漢字・英単語のテストの件で、中3生全員が細野先生と私から叱られました。
お盆休みが明けてから気持ちに緩みが出始め、小テストや宿題に対して取り組みが雑になったり、夏期講習前半の取り組み以上のものをすると宣言しながら、それができていなかったりしたからです。(夏期講習前半の反省が活かせている生徒は4名だけです)。

中3生全体で叱られたから数日後に、また同じことを繰り返した生徒3名。彼らは塾に来て30分も経たないうちに帰宅することになりました。その日は授業を受けず、自宅で宿題のやり直しをするよう伝えて帰らせました。

夏休み終盤、そして明日はVもぎという時期にもかかわらず、そのような姿勢で受験勉強に取り組んでいても無意味です。
受験間際になって「あの時ちゃんと勉強しておけばよかった」と後悔することがないように、全力で取り組んでください。

関連記事

  1. 高校生から中3生へのメッセージ
  2. 今月のTSK(2021年9月)& 来月の教室開校予定
  3. 【TSKの日常】今週のTSK
  4. 最後の追い込み。【冬期講習@準備】
  5. 通知表と春期講習のようす
  6. 【中3生】仮内申発表(オール5) & 保護者コメント
  7. 講師紹介【武井編】
  8. 【TSKの日常】中3生の特別講習

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP