【中3生】夏期講習の様子

中3生の夏期講習の様子

こんにちは。細野です。

夏期講習が始まって10日が経過しました。
湿気が多く暑い中でも、塾に来て生徒達は勉強に精を出しています。

ようやく生徒たちは授業の受け方や、課題のこなし方にも慣れてきました。
しかし、慣れてきたこの時期こそ、気合いの入れ直しが必要になってきます。中2、高2が中だるみの学年と言われるように、少し物事に慣れてきたくらいの時期は、集中力が途切れがちです。
中3生は漢字や英単語などの小テストへの態度で、それが如実に出ます。これらは勉強をしたらしただけの点数が取れます。これこそ、やればできるという勉強の最たるものでしょう。これらがスムーズにクリアできていなければ、意識が欠けていると判断してもよいです。

意識の低下を防ぐために、第3ターム初日の昨日は、授業前に上記の話をしました。また、高1生・高2生などの先輩たちの受験体験談の一部を紹介しました。
「嫌なことを先に取り組む」「あとで後悔しないように、やれるときにやれるだけのことをする」というアドバイスがありました。体験談を読んで感じたものがあったと思います。
私たち講師から生徒達へ鼓舞をしながら、夏の暑さに負けない、アツい意志を持ってくれることを願います。

関連記事

  1. 今月のTSK(2021年9月)& 来月の教室開校予定
  2. 【TSKの日常】子どもの成長が感じられた瞬間3
  3. 集団討論の練習に中1生・中2生も参加してもらった
  4. 【2019年度冬】生徒アンケート結果その③
  5. 保護者アンケート結果 その①
  6. 新年のご挨拶
  7. 冬期講習の報告&年末のご挨拶
  8. 【TSKの日常】新学期スタート

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP