【高1生】1学期期末テスト結果(2020年度)

目次

【高1生】1学期期末テスト結果(2020年度)

こんにちは。杉山です。
今回は高1生のテスト結果について書いていきます。

【高1生】1学期期末テスト結果(2020年度)

入学後はじめての定期テストでしたが、入学前に予想していた結果よりは良かったです。全教科の学年順位・コース順位が上位30%以内だった生徒が学年の2/3以上いました。学年順位1ケタの生徒が1名いました。教科別の結果を載せておきます。

教科別の結果

英語(解答用紙 全19枚)

100~90点:3枚(15.8%)
89~80点:7枚(36.8%)
79~70点:5枚(26.3%)
69点以下:4枚(21.1%)

数学(解答用紙 全19枚)

100~90点:3枚(15.8%)
89~80点:5枚(26.3%)
79~70点:7枚(36.8%)
69点以下:4枚(21.1%)

国語(解答用紙 全19枚)

100~90点:1枚(5.3%)
89~80点:2枚(10.5%)
79~70点:7枚(36.8%)
69点以下:9枚(47.4%)

理科(解答用紙 全19枚)

100~90点:2枚(10.5%)
89~80点:5枚(26.3%)
79~70点:3枚(15.8%)
69点以下:9枚(47.4%)

社会(解答用紙 全20枚)

100~90点:4枚(20.0%)
89~80点:4枚(20.0%)
79~70点:5枚(25.0%)
69点以下:7枚(35.0%)

中学にくらべ科目数が増え、国語・理科・社会は後回しになり準備不足でテストに臨んだ生徒が大半でした。結果を見ても、英語・数学にくらべ70点を下回っている答案が多いです。次回のテストでは改善しましょう。
次回のテストは10月です。授業スピードも速くなり内容も難しくなってきますので、これまで以上に日々の取り組みが大切です。今回、順位が上位30%以内だった生徒は上位10%を目指しましょう。上位50%もしくはそれ以下だった生徒は、まず上位30%以内を目標にして、余裕を持った準備をするようにしてください。

今後の学習について

集団授業で進める内容(8月~11月)
①英語:不定詞、動名詞、分詞、関係詞、比較
②英語:速読英単語 入門編 31~55
③古文:助動詞、助詞(文章読解をしながら学習)

これまでは英語をメインに学習してきましたが、今後は英語に加えて古文も全体授業で進めていきます。古文の文法を学校の授業内できちんと理解できる生徒は少なく、毎年「古文の文法がわからない」「古文、何を勉強したらいいかわからない」と言われますので、今年は高1の夏から冬にかけて古文の学習に時間を割きます(漢文も高1の冬から高2の春にかけて学習予定)。

数学は全体授業では扱わず、これまで通り課題だけ出題します。今年度は数学をほとんど授業で扱わず、課題でこなしてもらったり、個別に質問に来てもらったりして進めてきましたが、1学期のテスト結果を見る限りは、この学習スタイルで進められそうです。これまで通り学校の授業内で理解をして、わからないものは質問をしてください。塾に来るまで日にちが空く場合は、今まで通りSkypeで質問してください。

集団授業で学習する内容だけ、学校とは別の学習をしますが、それ以外は学校の勉強の理解・定着を徹底してください。高1の間は学校の勉強だけで十分です。

関連記事

  1. 【保護者体験談2023】法政大学法学部進学 Mくんのお母さま
  2. 【TSKの日常】今週のTSK(2021年11月)
  3. 都立自校作成校の学習塾対象の説明会に参加してきました(日比谷・西…
  4. 都立高校入試“推薦入試倍率” & 推薦対策の様子
  5. 【中2生】受験にむけて学年集会を開きました【2022年度入試組】…
  6. 2018冬期講習の様子
  7. 【TSKの日常】今週のTSK
  8. 【中3生】進学先と一年間の総括【2020年度入試組】

アーカイブ

最近の記事

PAGE TOP